コラム

当クラブではユニークな手づくりのバードゴルフ用品を使用しています。中古傘などの廃品利用などで1コース当たりの費用は市販のものと比較して1/3位ずいぶん安くあがっています。それよりも大・中・小かごやダブルかご類、そして用意されたいろいろな障害グッヅが面白いと思います。

かごの正式名はアドバンテージホール、公認のものは一式2万円と高価のため、使わなくなった中古傘を利用して大・中・小のカゴを自作しました。大と小のかごは左の写真のように二段にできます。もし上部の小のかごに入ったらマイナス1つまり0打でホールインしたことになります。

かごを立てるスタンドには小形の支那鍋、セカンドホールのフープには園芸用ループを使い各ホール毎の色を付けました。競馬レース等のコース色に倣い順に1ホールから白、黒、赤、青、黄色となっています。

ティショット時の障害物として用意、何とかクリアしようと緊張感が出ます。高さは1.2m程度でティラウンドから約20mの位置に設置します。近傍に落ちて打てない時はホールに近づかない位置で2クラブ以内リプレースして打ちます。(ワンペナです)

漁場のヤナを想像するような高さ約50cmの障害物でホール手前15~20m辺りに設置します。V字、逆V字また真っ直ぐ と自由に形状変更が素早くできます。ホール手前障害物なので微妙な圧迫感が出ます。高ネットと同じく近傍に落ちて打てない時は、ワンペナで2クラブ以内リプレースして打ちます。(ネット中央から)